2018年08月26日

山頂の展望案内板には上がらないで。

盤面はただでさえ風雨にさらされて痛みやすいのに、靴で上がればすり減りますし、汚れます。
展望板.jpg
写真の足元のレリーフのこと。
引率してきた人間のマナーを疑います。TVでやっちゃったらみんな真似するでしょうに。周囲の並べられた石のとこはOKです。

混雑予想 B
05:00弥陀ヶ原? 1930m
15:50雄山神社前三角点 2991m 天候:ガス 風強い
途中で戻るという選択肢はないのだろうか?

一の越山荘(2700m)泊?
posted by なじらん at 16:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西湖は遊泳禁止

スイムの模様をみていませんが、西湖は遊泳禁止になってませんでしたっけ?勘違いならすみません。

https://www.sports-camp.pref.yamanashi.jp/jp/facility/27.html
山梨県の海外スポーツチームの合宿誘致のためのホームページ

●西湖は通常遊泳禁止

許可を得て泳いだということでしょうね。
TVの影響で無許可遊泳する人がばんばん増えて、事故にならなければと心配です。
posted by なじらん at 10:19| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

トライアスロン形式

競技的に興味があったので、テレビつけましたが、すでにバイク乗っていましたので、内容が把握できていません。


スイム 1.55km(西湖) 12:17 13:37  55分 50mを106秒

3時間15分

ここで仮眠できたのかな。

バイク 60.4km?(トラック?) 16:20 20:20 4時間 時速15km/h

1時間

マッサージ。仮眠は無し?

ラン  100.0km 21:18 (翌20:54) 23時間46分 時速4.2km/h(休憩含まず)

22:32 7.4km 時速6km/h(アバウト)=1kmを10分

100km割る時速6kmは16時間42分。

どこかで仮眠する?。

11時間50分+20時間54分=34時間44分

「始めに100キロマラソンありき」な距離構成で疑問を持ちますが、ご本人を故障させないようスタッフ皆さん気をつけてほしいですね。

posted by なじらん at 23:41| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨今の登山者を憂う。

自戒も込めて書きますね。

◎トレッキングポールは嫌い。
登山道の荒廃を早める道具(たとえゴムキャップをしていても)。
あれは体力がない人が使う道具なので、若者には使ってほしくないです。体力つけてから、きつい山に来てください。
アドベンチャーレースで使うのは別次元の話。
(小声で)商業主義に踊らされないでくださいね。

◎「俺様がルールだ」な人が増えた。
常識がない。
小屋、テント場には遅くとも17時には入る計画を立てる。(常識的には15時)
19時過ぎたら騒がない。寝る。
野ぐそは藪の中で。(野ぐそ禁止も山もあります)
お花畑にずかずか入らない。
道の真ん中を占拠しない。
ペットは連れてこない。

◎あいさつが減った。
すれ違う人とあいさつや声かけをする理由。
お互いを元気づける。
顔をみておいてもらう。=遭難したときの尋ね人情報。「この人とここらへんですれ違った覚えが」
体調を考察する。この人元気そうだな。ヤバそうだな。自分自身はまだ元気かな。

◎登山届は必ず提出しましょう。
グループ全体で行程を確認しましょう。行き当たりばったりで登らないで。

◎ネット情報がすべてな人。
ネットにはウソ、誇大表現がいっぱい。簡単にいけそうに書いてあったので、行ってみたら自分は倍の時間がかったなど。また、賭け事と一緒で、失敗談は人にはあまり話しませんよね。
それから山でスマホゲームしてるのも「ちょっとなぁ。」残念です。

◎トレイルランナーのマナーは向上した。
以前より抜いていくときやすれ違う時のマナーがよくなっています。ランニング誌等の啓蒙活動のおかげ。
私自身(トレイルランナーではない)が感じるのは、後ろに気を配れない登山者が多すぎ。しかも、前がつかえていると、怒鳴るし(余裕がないのでしょうね)。

◎登山者の体力、技術、準備と山グレードはミスマッチ傾向にある。


「天狗になってると事故るからなー。」
posted by なじらん at 22:14| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

登山靴の中側の手入れ

下山したら中敷きはすぐに取り出し、靴乾燥剤を入れます。

登山靴の中はなるべくなら洗いたくないので(理由は省略。外側は泥んこになるから洗います。)。

P1030618.jpg

中をウエットティシュで拭いて、消臭剤をスプレーしました。
顔を突っ込んで、「おえっ。」とならなければOKとします。

memo:逆性石鹸100倍


渡渉中にドボーンしたときなど、中までずぶずぶに濡れた時はやむを得ず洗いますが。

posted by なじらん at 19:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

巻機山植生復元作業、お疲れ様でした。


小屋から山頂。
DSCF9657.jpg
少しずつ秋めいてきています。

一昨年に復元作業を行った場所の植生調査をしています。
DSCF9689.jpg

種蒔きをしています。
DSCF9693.jpg

規制ロープ張りならびに木道のメンテナンス。
DSCF9652.jpg
木道をはずれないでくださいね。


DSCF9701.jpg
posted by なじらん at 21:50| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

ポカリジンジャー(覚え書き)

普通のポカリに飽きた人に。

【材料】
粉末ポカリスエットに香辛料のコーナーで売っているジンジャー(生姜)粉末。谷川山系のおいしい水。

ジンジャーパウダーがハイドロチューブ内で???なので絞り汁のほうがいいのかな。


memo
レモンバーベナ、ミント
posted by なじらん at 20:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

登山靴 靴ひも(覚え書き)

DSCF9610.jpg

【メモ】
オーバーラップ
内側の紐が下
posted by なじらん at 20:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

補聴器のあんしん点検でした。

購入半年後の定期点検をしてもらいました。

外装クリーニング。マイク部清掃。真空乾燥。出力特性チェック。プログラム確認。ワックスガード交換。

特に異常ありませんでした。

個人的な使用感
夏は汗かきますね。→使用後はよく乾燥させてください。
山の蝉の鳴き声はうるさい。→うーん。
花火は案外と大きく聞こえなかったです。→脳が予め花火の音に身構えているからだそうです。




posted by なじらん at 18:39| Comment(1) | 補聴器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

中敷き交換(覚え書き)

DSCF9608.jpg

ミズノ ゼログライド カップインソール
サイズL
先端部厚み 3.5mm
1944円(税込み)

https://www.mizuno.jp/contents/hakkentai/product/20160715/

登山靴で試してみます。

靴紐 180cm 丸→平
posted by なじらん at 21:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

暑いのでもぐら駅で涼んできまた。

本日の企画は、「関越トンネル、大清水トンネル、新清水トンネル、清水トンネルの上を歩く」です(のはずです)。
土樽駅から万太郎山へ登り、谷川岳を経て土合駅へと下るルートプランです。地図で位置関係をみていただければ幸いです。

まずは、土樽駅のちょっと先の安全登山の広場に車をデポ。本当は電車で行きたいところなのですが、JRさんダイヤ作ってくださいよ。
まずは吾策新道から万太郎山に登ります。

敬愛なる吾策さんです。
DSCF9605.jpg
帰り際に撮影したのでちょっと暗いですね。

関越トンネルです。
DSCF9454.jpg

吾策新道から湯沢方面。
DSCF9456.jpg
関越道を確認。

万太郎山。
DSCF9480.jpg

その左。
DSCF9482.jpg

そのまた左。真ん中が谷川岳。
DSCF9484.jpg
ここまで歩きます。

巻機山も良く見えます。
DSCF9488.jpg


万太郎山を越え稜線を歩きます。

つんつん山
DSCF9490.jpg

DSCF9496.jpg

新潟側
DSCF9497.jpg

同じ場所から反対の群馬側
DSCF9498.jpg

さっき越えたウルトラマンタロウ山。
DSCF9499.jpg

眼下に関越トンネルの排気口らしきものが見えています(新潟県側)。
DSCF9501.jpg

拡大
trim_DSCF9501.jpg

谷川岳
DSCF9513.jpg
よくある写真の裏っけた。

群馬方面。大清水トンネルの真上くらい?
DSCF9519.jpg


DSCF9533.jpg

トマの耳がごったがえしているのが見えたので、パスして肩の小屋からそのまま天神尾根をくだります。そこから田尻尾根経由で土合駅まで歩く予定でしたが、、。

DSCF9536.jpg

危険な暑さゾーンに突入しそうなので、嫌になってロープ―ウェーでおりました。(時間的には余裕だったんですが)
新清水トンネル、清水トンネルの上は何度も歩いていますし。いっすよね?

DSCF9540.jpg
あ、ども。

土合駅。なんだか賑わっています。
DSCF9543.jpg
地下ホーム見学の方もたくさんいらっしゃいました。

で、肝心の電車が17:58までありません。2時間半以上もあります。時間があるのでちょっと観光といいたいところですが、もう歩きたくありません。
冷房の入っていない待合室でぐだぐだと、、。
「そうだ。下りのホームは涼しいんじゃないかい?」

連絡通路を通って湯檜曽川を渡ります。
DSCF9547.jpg
ルアーフィッシングしてる人がいました。

462段降りて。
DSCF9561.jpg
ひんやりー。極楽じゃぁあ。

DSCF9578.jpg

罰ゲームで、筒石の集落から筒石駅の地下ホームいくのと、土合駅の地下ホームから谷川岳ロープ―ウェー乗り場まで歩くのどっちがいい?

昔のホームのキオスク(嘘です)で電車待ちします。
DSCF9558.jpg
いやぁ、快適。溶けたアーモンドグリコがカリッとなるほどの涼しさです。電車の時間までウトウトします。

起きがけにあったかいコーヒーが欲しかった程です。
17:58で土樽へ。

土樽駅ホームより。
DSCF9580.jpg
まだこんなに明るかったのですね。

昔のホーム。
DSCF9584.jpg

DSCF9588.jpg

駅舎
DSCF9586.jpg

駅舎の前には登山届と熊さん(色褪せちゃっていますが)
DSCF9587.jpg

上越線の上り(清水トンネル)と下り(新清水トンネル)。すぐ左がトンネルです。
DSCF9598.jpg

上越線と関越道
DSCF9600.jpg

新清水トンネル
DSCF9602.jpg

万太郎山04.jpg

ブログ用万太郎高度.jpg

反省点:カシミールで予めトンネルの真上の緯度経度を調べておいて、GPS使いながら歩けば真上が特定できたかなぁ。

それから、表題はわざと「し」抜きです。






posted by なじらん at 22:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

正三尺玉です。

P1030596.jpg


枝垂れます。
web_P1030605.jpg
posted by なじらん at 22:00| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

花火です。

P8021991.jpg

源氏パイ?ハート?L?
手振れなんだと思いますが、ちょっとハッピーな形です。

明日も上がりまーす。
posted by なじらん at 21:44| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする