2018年09月26日

筋肉は裏切らない。インターバルタイマー for トレーニング(覚え書き)

iiPod のタイマーアプリ「インターバルタイマー for トレーニング」

20秒10秒 タバタ式トレーニングのタイマーセッティングです。
ターゲット心拍数:(220−年齢)x0.9

こういった感じのもの。
P9252188.jpg

自分でタイマー作れます。
P9252191.jpg


タイトルをつけて保存できます。タバタ式 2種類の運動を4セット。1x8でもいいですね。
スタイルはインターバル。
P9252193.jpg

エクセサイズ名と時間を入れます。
スタート前の準備(10+5秒)時間と、運動1の1セット目を20秒、休息10秒、運動2の1セット目を20秒、休息10秒、運動1の2セット目を20秒、、、(以下略)。
P9252192.jpg

スタートを押すと始まります。
P9252194.jpg

準備が10秒あって。

運動1の1セット目の画面。赤丸が残り時間。
P9252195.jpg

休息の画面。青丸が残り時間。
P9252196.jpg

運動2の1セット目の画面。
P9252197.jpg

参考URL:http://www.ritsumei.ac.jp/rs/category/tokushu/151106/

おまけ

カップ麺3分(180秒)タイマー。
P9252198.jpg

ちなみに私は健康診断にひっかかってしまった残念な体形です。
posted by なじらん at 19:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

実りの秋。くりゲット。

昨日とちがう場所で、やまぐりをゲットしました。
P9252185_02.jpg
山栗ってちいさいんですよ。2.5センチぐらいです。
虫が入っていませんように。

posted by なじらん at 19:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

実りの秋。里山編

くるみ
木から落ちたばかりは緑色です。
DSCF0640.jpg

だんだん黒ずんできます。
DSCF0586.jpg

真っ黒です。
DSCF0584.jpg

自然に崩れてきます。芽が出るのには外っ側はじゃま?
DSCF0583.jpg

お店で見かけるのは種のところです。(って、殻無しで売ってるのかな)
DSCF0592.jpg

つばき
DSCF0618.jpg

あぶらちゃん
DSCF0610.jpg

つりふねそう
DSCF0590.jpg

きつりふね
DSCF0594.jpg

やまぶどう
DSCF0615.jpg
上の高いところに、いい房があったのじゃが。

のぶどう
DSCF0633.jpg
ぶどうと言っても、これは食べられないのだよん。


栗はまだかぁ。

posted by なじらん at 19:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

実りの秋

お米ですよー。わーい。
IMG_0539.jpg

ちょうど鉄橋に電車がやって来ました。
IMG_0547_03.jpg

ちょっと行くと蕎麦の花が盛りです。

お墓参りの帰りに、iPodで。
posted by なじらん at 15:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

補聴器の医療費控除について

「今年補聴器を買ったんですけれど、控除は受けられるのでしょうか?」

税務署で聞いてきました。

結論:
耳鼻科(補聴器相談医)で補聴器が必要と診断されて、出入りの補聴器店(補聴器外来)で買った補聴器は控除がうけられるようです。
要は医者が証明した何等かの書類と補聴器の領収書があればよい。日本耳鼻咽喉科学会で「補聴器適合に関する診療情報提供書」に書式を統一しただけ。

私見ですが、補聴器相談医でない耳鼻科(「補聴器適合に関する診療情報提供書」を書けない)の場合は「診断書」になると思います。


国税庁 補聴器の購入費用に係る医療費控除の取扱いについて(情報)の一部抜粋
医師等による診療や治療を受けるために必要な補聴器の購入費用については、医療控除の対象となる医療費に該当されているところですが、(以下略)


購入した時期:
平成30年1月1日から12月31日のもの。
それ以前に購入したものは、還付申告で(5年)。

手続き:
1:耳鼻科で「補聴器適合に関する診療情報提供書」を書いてもらう。
(「補聴器適合に関する診療情報提供書」は耳鼻科にある。)
2:「補聴器適合に関する診療情報提供書」を購入した補聴器販売店(補聴器外来)に提出する(耳鼻科から販売店へ回してもらう)。
3:「「補聴器適合に関する診療情報提供書」の写し」と、補聴器の領収書を確定申告時に提出する。


3月1日のブログで書きましたが、
「聞こえ方の改善度の検査:1の医院でやった2つの検査を補聴器を付けない状態と付けた状態で検査します。→検査結果は医院に提出(店がやってくださいます)。」
この辺のやり取りがないと控除は難しいのかもしれません。


実際に控除対象になるかは、お近くの税務署で各々ご確認ください。

参考
日本耳鼻咽喉科学会
http://www.jibika.or.jp/members/iinkaikara/fukusi_koujyo.html

国税庁 補聴器の購入費用に係る医療費控除の取扱いについて(情報)
https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/180416/index.htm

国税庁 法第73条  (所得税法 通達73−3)
https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kihon/shotoku/16/01.htm#a-02
posted by なじらん at 18:25| Comment(0) | 補聴器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする