2019年12月01日

災害ボランティア時の服装など(覚え書き)

基本的な服装は割愛します。

1:移動時の服装
  *例えば、ボランティア運行のバスの中は汚さない。
  1ジャージ上下(移動用) 2運動靴(移動用) 3ポシェットまたはウエストポーチ(途中でトイレ休憩などがある)

2:作業時の服装
  *捨てても惜しくない服装で。
   1防水性のゴム引きの雨具  2防水性のないナイロンヤッケ(上下で900円くらい)←晴天時はこれ  3長靴  4軍手 5防水ゴム手袋(どうせ買うならロングのほうが良い。かつ、軍手の上に重ねてはめられる大きさ。男性だとLL)5背抜き作業用ゴム手袋

雨具やヤッケの裾は長靴の外に被せる。

3:持ち物
1:ハサミもしくはカッター(土嚢袋のPPバンドを切る) 2大きいゴミ袋数枚(持ち物の雨除けや、汚れた長靴や雨具、リュック、持参したスコップなどを入れて持ち帰る。社協の車のシートを汚さないように尻と背中に敷くなど。)

あったらいいかな:たわし


posted by なじらん at 17:34| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。