2018年12月15日

なんちゃってホロゴン

その1:なんちゃってホロゴン。
DSCF8503.JPG


御本家はこれです。
Hologon-grip.jpg

Bessa ultrawideどぇす。

その2:
なんちゃうってライカビット。スポーツファインダー付き。

下の引き金んとこを左手で引いて、フィルムを巻き上げます。
DSCF0067.jpg
「トリガーワインダー」という凄い装置らしい。

が、しかし、普通に巻き上げレバーで巻いて、上のガングリップでシャッターを切る方が早いのでありました。

スポーツファインダー。
DSCF0073.jpg
この状態は9cmのファインダー枠。

posted by なじらん at 19:53| Comment(2) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

写真機のお話「フォクトレンダー ベッサT]

「いまさらこれですか?」ですが。
PB252515.jpg

いいっすよー。
けど、安っぽいしめんどくさくてみんな手放したんでしょうね。一眼レフやコンデジと比較すると構図を決めるのにアバウトですしね。

【良いところ】
距離計が最強。
露出計がファインダーを覗かなくても使える。
オプションのトリガーワインダーを付けて低重心。

【悪いところ】
中古の本体価格は安いですが、ファインダーその他が高い。
Mマウントのレンズが欲しい病に感染しそう。

【好きなところ】
75mmレンズ(Lマウントのカラーヘリアー)での使い勝手がいい。
※デジタル一眼でフルサイズ換算70mmのレンズ(Olympusの35mmF3.5マクロ)をしょっちゅう使ってます。昨日のもほとんどそうです。


中野市内で

「きのこはホクト、レンズはフォクトレンダー。」


キャンペーン実施中です。(ウソです。)

ネオパン詰めて出かけるぜぃ。




posted by なじらん at 12:06| Comment(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

ケンウッドCA-DR150マイナーチェンジ後(覚え書き)

ケンウッド ドライブレコーダー用 車載電源ケーブル CA-DR150

電圧カット
12.6V 12.4V 12.2V 12.0V 
で電気を供給しなくなる。(設定電圧まで回復しないと電気を供給し始めない?)

タイマー
OFF(0時間) 6時間 12時間 24時間 
で切れる。

再給電はエンジン始動から30秒ほどたった後に開始される。(すぐに走り出すと録画されていないこともあり得る)

DRV-320との接続

イグニッションキーOFF後も常時監視。約5分の後に駐車監視モードに移行。




posted by なじらん at 09:00| Comment(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

contax T2のフィルターアダプターを自作

コンパクトカメラなんですけれど、モノクロ用のフィルターを使いたい!ので、自作しました。

材料は厚紙、トイレットペーパーの芯、市販のなんちゃら言うリング。

DSCF8495.jpg

カメラ本体にはあえて張り付けていません。張り付けると絞りが使えなくなってしまいます。左右の指で押さえて使います。

DSCF8497.jpg

右手側の出っ張りがポイントです。

輪ゴム止めもできます。
DSCF8499.jpg



posted by なじらん at 00:00| Comment(1) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

ハイマチックEいっぱい。

1月9日にミノルタのハイマチックEの記事を書いていますが、その我が家のハイマチックEが復活しました。

ジャンクのハイマチックEをさらに分解練習用に買い、少しバラしてみたところ、うちのボスの不調原因が電子部品のせいでないことがわかりました。そこで、うちのボスを開けて、「ここがこうで動きが悪いからー」と、ちょちょっと油を塗り修理おしまい。シャッター降りるぞ、ストロボ発光するぞ。

DSCF8345.jpg
こんなに増えてしまいました。1台がシャッター不調の分解用です。他の3台はモノクロ用、カラー用、デジタル。(ウソです)

オーバーホール(レンズクリーニング調整その他一式)に出すそうか、どうしましょう。

フィルムを詰めて今から出かけます。
posted by なじらん at 10:13| Comment(2) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

車に左コーナーカメラ取り付け

自家用車に左前のモニターカメラを取り付けました。


左斜め前に穴があったり、岩が隠れていてもわかりません。どさっ、ガリッ、、、さて、困ったもんだ。
carCamera07.jpg
普通の生活圏では、そんなことはないでしょうが。

ここにカメラを付けました。
carCamera10.jpg
ダサい。

普段の状態は、
carCamera01.jpg

カーナビです。
carCamera02.jpg
骨董品のカーナビです。なんせ平成の大合併前。

その1。
おっと、狭い山道でUターンしないといけない羽目になりました。

バックにいれると、
carCamera03.jpg

自動でリヤモニター。
carCamera04.jpg
ここ、変形の駐車場なので。岩の代わりの空き缶に注目。

ニュートラルに戻ると、
carCamera05.jpg

左斜め前のブラインドモニター。
carCamera06.jpg
1速入れて走っても、ブラインドモニターのままです。

約15秒でナビ画像に戻ります。
carCamera02.jpg


その2。
狭い山道で対向車が。左ぎりぎりに寄せなくてはいけません。

丸で囲んだところにタッチすると、
carCamera09.jpg
1速でもニュートラルでもオッケーです。

左コーナーモニター。
carCamera06.jpg

約15秒でナビ画面に戻ります。
carCamera02.jpg
コーナーモニターの状態でバックに入れるとバックモニターになります。ニュートラルになった状態から約15秒でナビ画面に戻ります。

エーモンのステルススイッチとタイマーとリレーとダイオードを使いました。回路図は怪しげなのでアップしません。リヤモニターは既設でしたので、5極リレーとステルススイッチとダイオードとカメラ1台(中華製)を追加しました。
posted by なじらん at 19:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

春の大洗車大会

毎年恒例の、消雪パイプの水垢で汚れたボディをきれいにする春の大洗車をしました。

洗車.JPG

消雪パイプの水垢って全然落ちないんです。後ろのナンバープレートなんかまっ茶っ茶でもう悲惨です。
ちなみに写真のグレーチングの茶色いのが消雪パイプの水垢です。

1:まずはマツダ・カフェで水垢落としをしてもらいます。
消雪パイプの水垢用の洗剤も市販されているのですが、安心のディーラーさん作業で(事前予約しておきました)。実はかわいい受付の〇〇さんに会いたいがためだけです、ハイ。
コーヒーをいただきながら、ロードスターRFの屋根を開け閉めして遊んだり、カタログを眺めたりiPadで雑誌を読んだりして待ちます。

1時間で作業終了。現れた愛車はボディもピカピカ、ナンバープレートも洗い立てのTシャツのように真っ白です。
洗車しなくてごめんよー。

春風のように颯爽とお店をあとに、赤煉瓦の街へ。

以下、自宅作業です。

2:「オートグリム・スーパーレジンポリッシュ」をかけます。
(自宅まで遠い人はその前に軽く洗車です)
いわゆる傷消しです。私は洗車の度にかけているわけでないので、洗剤とセットになった小瓶のスターターキットを購入しています。
ぐるぐる円を描くようにかけて、乾いたら拭き上げます。
ここまでで十分のような気もします。

白ばんだフロントワイパーアームにも使いました。注:イレギュラーな使い方です。

これから普段のワックスがけ作業。順番は違いますが。

3:ワックス「シュアラスター・エクストラプレミアムフォーミュラ」をかけます。
青空駐車なので、持ちがいいワックスを使っています。
ワックススポンジは水で濡らして固く絞ってから使います。
直線的に薄く、せこくかけます。乾いたら(がしがしに乾ききらないうちに)直線的に拭き上げます。回しちゃダメと教わりました。
「風の流れに沿って拭いていく(横)かー。青空駐車は雨の落ちる方向に拭いていく(縦)かー。」私は青空駐車なんですが風の流れに拭いてます。天邪鬼です。
ちなみに200g缶が4年半以上持ちました(スプレーワックス併用ですが)。

4:「オートグリム・バンパー&トリムジェル」でプラスチックを黒々とさせます。
プラがびしっと黒くなっていると新車に見えますよ。

5:「グリオズガレージ・スプレーオンワックス」をナンバープレートにひと吹きして拭きます。
普段は洗車とスプレーオンワックスでボディも済ませています。月一回シュアラスターをかけるかかけないかくらいです。

6:「グリオズガレージ・ラバークリーナー」でタイヤ周りを洗います。
拭き上げたけでもきれいです。
7:「ブリヂストン・タイヤワックス」をスポンジに吹きかけてから塗ります。「タイヤに直接スプレーしないでね(余計なところにまでついちゃうからです)」とタイヤ・ショップさんが言ってました。

8:「グリオズガレージ・ウインドウクリナー」で窓を拭きます。
窓がきれいだと気持ちいいいですね。

2から8まで3時間です。以上で「新車ですかコンディション」になりました。

ここまでやると虫はボディに止まれず滑り落ちますし、ガソリンスタンドではボディコーテイングしましたっけ?と言われます。

うちの車は洗車すると必ず次の日は大なり小なり雨になるというジンクスがあります。みんなゴメンよー!!

今日は内装掃除やめ。やるときは足マット洗いからやります。

タイヤ交換はもうちょっと先です。

「祝・趣味の園芸50周年」です。
クリスマスローズ.JPG

今日は宣伝みたいだぞう。

なお、マツダ・カフェの正式名は新潟マツダ自動車株式会社さんです。いいお店です。
posted by なじらん at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

車のシフトノブを交換

マイカーのシフトノブを交換しました。

純正の革のシフトノブ。走り込んでバックスキン状態です。これはこれでマニアから見ればかっこいいのですが、普通に見ると「くたびれたシフトノブ」。
knob01.jpg

シフトノブ、ディーラーに訊いたところ純正品8000円強とのことです。予想外に高いので、しからば社外品に。
ジュラコン、革巻き、アルミ、形も棒状、球形などいろいろ迷ったあげく、、、やっぱ水中花っしょ!

一晩考えて、木製の球形シフトノブに決定。と言っても、大きさもいろいろあるし、材質もいろいろあるんですよね。
クロニコで届いた品です。とりあえずこんな感じになりました。
knob02.jpg
棒に樹脂アダプターかましてイモネジで止めるものではなく、しっかりタップが切ってある金属が芯にはいっているノブです。

シフトパターンのシールも貼ります(ないと車検通りません)。奥に見えてるオレンジ色のは事故って車降りるとき用の「反射たすき」です。写っていませんが足元にはライフハンマーがあります。

パープルハートという希少な木材だそうです(写真はちょっと色が再現されてませんが)。紅芯大根みたいな木のようですが、詳細不明です。
knob03.jpg
身近なところでは、万年筆や箸置きでたまにみかけます。色は赤紫です。ニスもかかっていないのにツヤツヤで高級木工品の趣です。

お名前:赤カブシフトノブ

純正革シフトノブ:重量約228g 径41mm ガングリップ型
木製シフトノブ・パープルハート材:重量約93g(ネジ変換アダプター込、高さ調整ナット含まず) 径46mm ほぼ球形

意外にも、うちのプラ内装バシバシの自称高級車に違和感なく収まっています。シフトチェンジがやり易くなりました。もう少し走って高さ合わせします。ワッシャーも小細工しよっと。
ニスかかってねぇから手入れたいへんかもしんねぇぞ。車んなか高温だから割れるかもしんねぇぞ。という心配もありますが、何たってシフトしやすくなったんだもん!!
*長時間の青空駐車時は、ハンカチやタオルを被せるよう注意書きが添えてありました。

天然木の挽き物シフトノブ最高です!

温泉好きにはヒノキ、野球少年にはアオダモ、ギタリストにはバーズアイメープル、いかがっすかねぇ。

*すべての人に向くわけではありません。

posted by なじらん at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

ハイマチックE 露出補正

ハイマチックEネタが続きます。

露出補正は、ASA感度を変えます。
20170112_080540P1128182_.JPG

逆光の時はこんなかな。
20170112_080618P1128184_.JPG

けれど、露出補正ってあんまししないなぁ。

posted by なじらん at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

ハイマチックE ストロボの使い方

ハイマチックEネタ続きます。

まずは専用ストロボミノルタ・エレクトロフラッシュ3です。
20170111_210719P1118156_.JPG

鏡胴のリングを回してフラッシュマークをあわせます。
20170111_210832P1118159_.JPG
スイッチを入れて、しばらくするとファインダー右上にパイロットランプが点滅するのが見えます。
以上、おしまい。

ここからは、覚え書きです。

ストロボの背面を見るとガイドナンバーは14です。
20170111_210744P1118157_.JPG

鏡胴の下は「B」にきています。
20170111_210841P1118160_.JPG

カメラの背面のガイドナンバー表をみると。
20170111_210925P1118161_.JPG
ガイドナンバーが14のときは「B」にきてればよいというわけです。

応用です。専用ストロボ以外を使う場合はどうしましょう。

ナショナルのPE2801です。
20170111_211536P1118166_.JPG

底に接点があるタイプなので、直付けします。
20170111_211555P1118167_.JPG

ガイドナンバーはいくつだったっけ。28でしたっけ。
20170111_211633P1118169_.JPG

マニュアル発光させます。
20170111_211615P1118168_.JPG

先ほどのハイマチックEの裏の表を見ると、ガイドナンバー28は「D」です。
20170111_210925P1118161_.JPG

「D」に合わせます。
20170111_211812P1118170_.JPG

ストロボを奥まで差し込んで、ロックをして電源を入れれば発光します。ファインダーの右上にフラッシュマークもでますよ。

ここのセンサーが光の量を感知して絞りとシャッタースピードを調整してくれます。
20170111_212106P1118175_.JPG

この状態ですと、被写体の明るさによってはストロボが発光しない場合があります。
20170111_211957P1118172_.JPG
「manual」に倒すといつでも発光します。
ただし、「このとき露出はガイドナンバーによって決まりますので、逆光撮影の補助光として使うのには向きません。」と書いてあります。

2801って40mmレンズ大丈夫だったっけ?忘れてますね。

PE-2057のNはガイドナンバー20になるので「C」です。











posted by なじらん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

カメラの構え方

昨日のブログで「縦位置の構え方」がちょいと気になって眠れなくなりましたので、取扱説明書を読み返しました。

まずは昨日のミノルタハイマチックE。
2017-01-10-0004.jpg
左目で見て、右手が下の人差し指でシャッターを押します。

お次はキャノンP。
2017-01-10-0002.jpg
同じく左目で見て、右手が下です。が、親指シャッターです。

ならば、ペンタックスSPは。
2017-01-10-0003.jpg
すべて右目で覗いています。М型ライカの取説も、この右と左にハイマチックEを足した感じの構え方(つまりハイマチックEの反転)のようです。

同じミノルタでも、一眼レフのSRT101になるとこうなります。
2017-01-10-0005.jpg
左目で見て、親指シャッターです。

いろいろ真似してみてくださいね、髪型。







posted by なじらん at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

写真機のお話 ミノルタハイマチックE

念ずれば通ず?

20170109_184226P1098131_.JPG
 まずは右奥。子供のころからある我が家のミノルタ・ハイマチックEです。ストロボ(不動)、取説もあります。合皮のケースは加水分解したので捨てましたが。
十年くらい前までちゃんと動いていましたが、今はシャッター不安定で棚の飾りものになっています。修理をしていただこうにも、もう電子部品がないので修理不可だそうです。
 続いて左手前。やっと、本日、リサイクルショップで見つけました。ジャンク品です。あちこち打ち傷もありますがファインダーはきれいだし、分解の練習にでもと購入しました。家に帰って電池を入れたろころ、シャッターが下りました。撮影できそうです。
いざ、フィルム入れて出動じゃぁ!

20170109_184441P1098132_.JPG
昔の水銀電池のカメラなので、アダプターがないと使えません。ですので、この手のカメラはジャンクの確率が高いなかなぁ。

取り扱い説明書の口上
2017-01-09-0002.jpg
写りには自信ありのEEカメラです。

ネコ撮りは昔も流行った?
2017-01-09-0003.jpg
お姉さんのように、カメラは構えましょう。で、「横位置は右目、縦位置は左目なんですか。」と。

このマスコットの名前は何でしょうね。
2017-01-09-0001.jpg
七三分けでカメラはSRTかな?

1971年2月発売
子供のころから使っているので、一番手に馴染んでいるカメラです。最近は、ライカキラーの異名がある(俺が言ってるだけか)ようで、ネットでも人気です。ブラックも欲しいぜよ。

本日はコンデジの水中ハウジングも手に入れてしまった(ボソッとにゃん)。

歌川広重の「名所江戸百景」の展示を観にいこうとしたのですが、昔と道が変わっていて迷った(通り過ぎてしまった)ぜよ。=岩室温泉の観光施設「いわむろや」さんでやっていますので、お出かけ前に地図をプリントアウトしましょう。
posted by なじらん at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

写真機のお話 ベッサT

カメラ買い替えました。
ん?デジタル?
resize_PC117056.jpg
これは信州中野名産の「きのこ&コシナのフォクトレンダー・ベッサT」では。
左のボタンを押してと。スイッチかな?

キノコとキャップを外します。
resize_PC117071.jpg
と、レンズが、、、ないっ!レンズがないっ!

手持ちのレンズでもつけるべ。
resize_PC117073.jpg
んにゃ、つかねぇ。ねじ込めませんがな。

輪っか咬ませます。
resize_PC117074.jpg
どうやら装着できそうです。

上の二つの丸窓は距離計です。興味のある方は距離計、レンジファインダーで検索してください。
resize_PC117077.jpg

後ろから覗いてピント合わせます。オートフォーカスじゃねんかいやぁ。
resize_PC117082.jpg
うほっ。拡大されて見える。
+-は視度補正です。さて、露出表示のLEDはあんだけど、構図決めるのどうするん。

構図を決めるファインダー、手持ちであったっけ。
resize_PC117063.jpg
これをくっつけてーと。

完成です。
resize_PC117066.jpg

ちょっと難しい話をしますが、Lマウントのレンズが使えて、キャノンPよりピント合わせが望遠方向で楽な軽いカメラというので白羽の矢が立ったベッサTです。これだったらキャノンPとかぶらないで補い合えます。しかもファインダーを覗かなくても合わせられる露出計付き。シャッタースピード最高2000分の1秒で、電池がなくても切れます。広角つけて目測でばんばん撮っちゃうにもよろしいです。
しかも、中野の町中をベッサで撮ってると、大盛り無料やドリンク無料、小布施ではデザートに栗羊羹がつく特典もあります(ウソです)。
北信の雄、コシナ凄いです。

大きさ比較。
resize_PC117070.jpg

注:デジタルカメラではありません。
フォクトレンダー(コシナ)のフルサイズデジタルカメラを期待していた皆さん、ごめんなさい。
posted by なじらん at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

くまモン焼酎

近所の酒屋さんで売っていました、白岳くまモンボトル。
resize_DSCF0445.jpg
なんと熊本城のお名前シール付きでした。

ロックがうまかったです。(25度だよー)

高橋酒造株式会社
http://www.hakutake.co.jp/
posted by なじらん at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

引き伸ばし機 LED光源

昨日の引き伸ばし機の光源です。

resize_P6256091.jpg
縦約8cm、横約9cm LED252個(42個x6枚)で6X7判をカバーしています。

安定化電源でDC12Vを取り出しています。
安定化電源をタイマーに直結した場合、タイマー切になっても瞬時にLEDが消灯しませんでした(安定化電源にコンデンサーが入っているため)。そこでリレーを使用しました。

なお、ハロゲンより露光時間は多くかかりました。
posted by なじらん at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

ローライコードで撮りました。

いつもおじゃまする「スクエアな時間」さんにローライコードの記事が載っていたので、連れていきました(カメラを)。
フイルムは白黒のFomaPan400です。

こんなカメラです。
うちのは3型です。
resize_P4245625.jpg
二眼レフといいます。

安曇野の菜の花です。
というか、山にピントきてねーかって。(真ん中あたりの菜の花であわせてあります)
printAzuminoRollei03.jpg
常念かなー?さて、どこでしょう。
↑やっぱり菜の花より山に興味がいっております。

なお、真っ昼間のいいお天気にASA400(感度)ですと高いと思います。私は自分で現像するので200に(減感)して使いました。(←FOMAPAN200も100も売ってますがな)
Y2フィルターをつけて(フードもね)、シャッタースピード1/100か1/250のF11から16あたりで撮影してあります。手持ちです。小さな子がはしゃぎまわる場所で三脚なんぞは立てませんぜ。

紙焼きをスキャナーで読み込んだので、粒状性だのコントラストだのご参考になりませんがあしからず。(スキャナーのごみは拭きましょう、オレ)。どのフイルムが自分に合うかはフイルム屋さんに聞いてくださいねー。

posted by なじらん at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

アサヒペンタックスSPブラックです。

resize_P4175470.jpg

昨年末に熊本市の修理屋さんでオーバーホールしていただいたSPです。故に、世界一調子のいいSPと思ってます。

地震如きに負けるなー熊本!

お仕事再開お待ちしてますよー。
うちんときも余震が1か月も続いて大変だったけど、そのうちに収束するので、なんとかなりますよ。
posted by なじらん at 09:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

デジタルカメラでモノクロ覚え書き

まずは「これはモノクロで撮影するぞ」と目玉をチェンジする。

step1:rawで撮影。
step2:UFrawのチャンネルミキサーで調整。tiffで保存。
step3:GIMPで焼きこみ、覆い焼き。画像を保存。(印刷)
step4:写真店で焼いてもらう。

OLMPUS Viewerでいじっても同じなのかなぁ。
DxOというソフトも気になります。
レンズにモノクロ用フィルターつけて撮影したほうが潔いのかなぁ。
ところでデジタルフォトフレームってどうなのよー。

と書いていますが、今日は印画紙用の現像液と停止液と定着液を作りました(各々の原液を水で薄めただけ)。
お座敷暗室たのしいぞぅ。

posted by なじらん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

エプソンのPX−1004で写真を印刷してみました。

先日購入したエプソンのA3対応ビジネスプリンターの下位機種であるPX−1004.写真印刷も画質を謳っている高額機種には及ばないものの、なかなか頑張っています。

最初に:
インクのつぶつぶ感はあります。それをプリンターの個性として捉えましょう。

用紙別インプレッション:
1:「インクジェット用の写真光沢紙」に印刷すると、インクの特性なのか、画像の光沢が染料インクより少ない。写真画質を謳った機種の顔料インクとは違うようです。
2:「インクジェット用の和紙」に印刷するといい感じ。面白いです。にじみも少ないです。(写真の精細さはともかくも)
3:「インクジェット用のバライタ紙」に印刷するとなかなかいい感じ。写真の印画紙っぽさを求めるならこれ。ただし高い!

ならばとエプソンから出てました。
resize_P2274771.jpg

「顔料専用フォトマット紙」です。
4:黒が黒く印刷されます。
ただ、ホントにマットで反射しないので好みが分かれるのかなぁ。本の印刷みたいです。←印刷機だからいいのだぁ。

モノクロ画像を印刷してみました。
ストロボでわざと反射させていますが、それほどテカテカ感はありません。また、実際と白味がちがいますがご了承ください。
resize_P2274787.jpg
*左半分:アドックス ファイバー バライタ シルク
ドライバー設定は左上(逆さの画像):カラー、写真用紙 左下:カラー、フォトマット紙

*右半分:エプソン 顔料専用フォトマット紙
ドライバー設定はカラー、フォトマット

注:ドライバーの設定でグレースケール印刷もできますが割愛します。
「アドックス ファイバー バライタ シルク」はカラーの印刷もできます。

プリンターのドライバ設定でセピア、モノクロもありました。今度ためしてみよっと。

posted by なじらん at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

古いカラーネガをデジカメデュープしました。

昨日の続きで、カラーネガをやってみました。

25年ほど前の写真です。ここはどーこだ?
web2016-01-02-0001.jpg

メモ
VueScan
「モード」透過光原稿、「対象」カラーネガ。-切り抜き-「カラーバランス」自動レベル、フィルムメーカーKODAK,ブランドGOLD。
色補正など特にいじってません。


posted by なじらん at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする